目次

四季おりおりに楽しめるカゴ釣りの世界へようこそ

日本の海釣りでもっともポピュラーで、全国的に親しまれているものをあげるとすれば、おそらく投げ釣りとならんで、カゴ釣りがトップに顔を出すのではないかと思います。その魅力は、なんといっても応用の広さにあります。

防波堤から砂浜、磯と釣り場を選びませんし、フカセでは手を出せない沖のポイントを狙うこともできます。もちろん、対象魚もアジ、ボラからイナダ、カンパチなどの青物、クロダイ、メジナといった上物と、およそオキアミを食ってくる魚なら何でも釣れる幅の広さがあり、ほとんど仕掛けもそのままで、四季おりおりに楽しむことができます。

そんなカゴ釣りですが、一般的には「魚まかせのおおざっぱな釣り」というイメージがあるようです。実釣経験を積んだベテランの方なら、その奥深さをよくご存知のことと思いますが、掘り下げてみると、これほど面白い釣りもありません。イメージ通りの釣りではるか沖で消し込んだウキが、ずっしりとした竿の重みに変わる時、まさにこの釣りの醍醐味を感じることができます。

カゴ釣りの理想的なタックルは?

カゴ釣りの理想とむずかしさは、「少しでも遠投ができ、狙ったタナにコマセとつけ餌を送り込むにはどうするか」ということにつきます。そのために、タックルに求められるポイントをまとめてみましょう。

  • 遠投性にすぐれていること
    80m以上、できれば100m以上の飛距離を確保できれば釣りの幅が大きく広がります。
  • 飛行姿勢が乱れず、安定して飛ぶこと
     特に向かい風の時に、ウキがきりもみ状態にならないことが肝心です。
  • 着水後のマキエの排出量を調整できること
    いわゆる「ドバ撒き」「チョロ撒き」が自在にできること。
  • マキエのカゴ詰めが簡単であること
    手返しの向上が、そのまま釣果につながります。
  • 投入時に、つけ餌がはずれにくいこと。
    遠投するので、つけ餌がはずれていると、非常に時間の無駄になります。

カゴ釣り研究会のタックルは、こうした理想のカゴ釣りの条件をクリアするために開発されました。
いつでも、どこでも、何でも釣れるカゴ釣りの魅力を存分にお楽しみください。

"手軽に遠投派"向けタックル例

組み合わせ例について

竿について
この遠投磯竿としてはライン放出時の摩擦抵抗が少ないという理由で、好んで外ガイド竿が使われていますが、最近のインナーライン竿は、どうしてどうして実験してみるとライントラブルが極端に少なく、又穂先が太めであるため、破損事故がほとんどないメリットがある上に、問題の飛距離も外ガイドと異なり、インナーガイドの多点支持構造が幸いして、仕掛け荷重が穂先全体に均一に掛かり、振り出した時に竿全体に気持ちよく乗ってくるために多点支持構造によるラインとの摩擦抵抗によるロスを無視できるほどの飛距離の伸びには驚きです。ほとんど外ガイド竿と遜色がありません。

インナーライン竿でも遠投仕様のものは当然7:3の先調子に設定されているため、この強いカーボンのバネ性と、多点支持構造とがうまくマッチしているのには、新しい発見でした。ちなみに、使用したインナーライン竿はダイワ製ですが、釣友が使用している他社のものでもほぼ同様の結果を得ています。実釣をして見ますと、初心者にはむしろインナーライン竿の方が仕掛け荷重を乗せ易いようです。..多点支持構造のお陰で荷重を腕に感じ易くなっている為なのでしょうか。

リール/道糸について
磯でのベテランはほとんど両軸リール、それも釣り師のステータスにもなっているアブ(正式にはアブ・ガルーシア社)のアンバサダー#6500とか#7000を使って、唸りを上げての遠投、初めて見た人はタジタジになってしまいますが、この両軸リール(スタードラッグとも云う)に、当遠投ロケットカゴ(RK-12N)と超遠投ロケット浮き(HEU-11R)を組み合わせて、軽く100m以上を出しています。

でも両軸リールでは、時としてサミングとブレーキのタイミングが若干遅れただけでも、一気に道糸がフケ上がり、懸命にパーマを解く一日になってしまう事もたびたび....と云われる方には、スピニングリールでも約90m位飛ばすことができる方法を紹介しましょう。通常スピニングリールの場合、パーマにはなりにくい反面、機構的に道糸がらせん状に送り出されて行くために、ドラムの縁を擦る抵抗や放出される道糸の受ける空気抵抗等によって、なかなか飛距離が伸びない欠点を持っています。

そこで、まず、道糸をPEラインに変えライン放出の空気抵抗を大幅に低減させることが必要です。ナイロン6号と同等以上の直強力のものを選ぶとPE2.5号となります。6号の断面直径が0.405mm、2.5号が0.260mmですのでナイロンの約6割ぐらいの細さでOKという事になりますので、放出時の空気抵抗が大幅に減少され、その分飛距離が伸びることになります。この様に飛距離を阻害する大きなラインの放出抵抗が小さくなって来ると、組み合わせられるカゴや浮きの性能が更に飛距離を伸ばす鍵になってきます。

このPEラインと、当遠投ロケットカゴ(RK-12N)、超遠投ロケット浮き(HEU-11R)との組み合わせによる遠投実験の結果は約90m程の飛距離でした。追い風になれば100m近くの飛距離も夢ではありません。

使用上での注意事項
確かにPEラインは大変強い糸ですが、極めて細い糸の集合体で構成されほとんど伸びがない糸だけに、遠投時の瞬間衝撃力が道糸の先端10mぐらいまでの間に集中的に蓄積され劣化を早めてしまいます。従って、数回ごとにこの部分を新しく繋ぎ変えるか、もっと強いPE4号を力糸として最初から結び付けておくことが必要です。又、PEラインは、張りがないため、外ガイド竿では穂先に絡みやすい傾向がありますので、インナーライン竿を使用することをお勧めします。

***釣行写真***